タロット占いのやり方

まずは占う内容を決めよう

タロット占いを行う場合は、まずは何について占うかをはっきりとさせておきましょう。
タロットカードは、「はっきりとした質問」の答えやアドバイスが出る占いであるため、ぼんやりとした質問を占うのにはあまり向いていません。
例で仕事関係だと「○○を扱う予定だけど、気をつける必要はあるか?」だったり、恋愛関係だと「○○に告白することを考えているんだけど、迷っている…」とこのように具体的な質問であれば、答えを出すのに向いています。
慣れないうちは相手だけでなく自分を占う場合であっても、まずははっきりとした質問だけを占うようにしましょう。できれば「仕事関係」「恋愛関係」「家族や友人関係」といったカテゴリーに分けて占うのもいいかもしれません。

実際にやってみよう!

ここでは大アルカナのみを使用した説明になります。

最初にカードを全て裏向きに広げて、右回り、左回りを問わず、両手で大きくシャッフルします。また相手を占う際には、相手にもシャッフルをさせても構いません。
気が済むまでシャッフルし終わったら、カードを横向きにして一つにまとめます。ただしカードが表を向いたり、取りこぼしたりすると最初から直しになるので注意しましょう。
次に1つになったカードの山を3分割してカットし、また一つにまとめます。

そしてこれら手順を終えましたら、実際にタロット占いを行います。やり方は色々ありますが、今回は簡単な「ワンオラクル」について紹介します。タロット占いの中ではシンプルな占い方なので、直感で一枚だけ引き、カードの全体像を読み取って占いましょう。
最初だとインスピレーションが難しいと思いますが、何度も実践してコツを掴んでいきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ