占いの意味について解説します

占いに興味がある人のほとんどは「タロット占い」という占いをご存知だと思います。この占いは西洋系であり、西洋占星術と並んで最もスタンダードな占いになっています。 そこで今回の記事は、手始めにタロット占いの基礎知識と構成について解説をしていきます。

大アルカナについて

タロット占いで「大アルカナ」というカードがよく使われています。アルカナとはラテン語で「秘密、神秘」という意味があります。 さらにタロット占いの流れや解釈を学ぶためには、とても重要なカードとなっています。 そこで今回は、大アルカナのタロットカードを紹介します。

タロット占いのやり方

タロットカードの構成や大アルカナの意味を覚えましたら、いよいよやり方の手順に入ります。もし困っている友人を助けたい時や自身の運勢を占う時に利用するといいでしょう。 今回の記事でタロット占いのやり方を身につけて、普段の日常生活で役立ててください。

まずはタロット占いの基礎について知ろう!

「占い」それは、人の心や運勢、未来など直接観察ができないものについて判断することを意味します。
また卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)とも言われているようです。必ずしも未来を当てる予言とは違い、占いは対象を意図する方向へ導く事が目的でもあります。


そんな占いは、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)3つに分けられています。それでは順番に見ていきましょう。

命(めい)は、運命や宿命などを占うものです。さらに誕生した生年月日や時間、生まれた場所を加えることで、その人の性質や人生の流れなどを占います。主に星座占いや占星術が当てはまります。

卜(ぼく)
カードなどのモノを使って結果を明らかにする占いのことです。例えば花を手にとって花びらを一枚ずつ摘んで、好きか嫌いを判断する恋愛占いがこれに当てはまります。

相(そう)は、初めから姿や形などが見える対象の人物の、現在や今後の運勢などを読み解く占いです。主に手相占いや人相占いなどが当てはまります。

もし占いが出来るようになれば、ちょっとした時間に友達や家族を占ったりすれば、きっと相手が喜ぶことでしょう。でも占いには興味あるけど、色々覚えることが多そうな気がして、始めるのは難しいかもしれない…と思ったことはございませんか?

このサイトでは簡単に始められる「タロット占い」についての記事を中心にまとめています。その他にも西洋占星術や星座占いなどもまとめておりますので、これらも是非参考にしてみて下さい。